5/01/2017

ローマ教皇が 仏極右派のマリーヌ・ルペンに容認姿勢 キリスト教徒は恐怖

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎01/‎05/‎2017‎‎-0:13:38)22日にフランシスコ・ローマ教皇はカイロからの帰国の飛行機内で記者会見し、フランスにはマリーヌ・ルペンの「強い右派」が仏大統領選挙に臨んでいるのを知っているが、マクロンは何処から来たのか自分は知らない。従って自分は意見を言えない。カトリック教会は「国民戦線」FN反対の指示をださないと発言した。しかし教皇は数時間前にカイロでは極端な主張との闘いを宣言し文化的な交流と対話と友愛を勧めていたはずである。「極右派」であるマリーヌ・ルペンをさして「強い右派」と認識していることが問題になっている。フランシスコ・ローマ教皇がナチス思想を支持する極右派のマリーヌ・ルペンに対する厳しい批判をしなかった。むしろ司教の同性愛事件や同性愛者の結婚を支持するフランスの代表をバチカンは好んでいないと話した。教皇はフランス政治の内情は無知だからと逃げて、その言動を容認する傍観的姿勢をとったことが、キリスト教徒に5月7日の仏大統領選挙の投票での羅針盤を攪乱させていて、心あるキリスト教徒を恐怖させていると報道されている。

4/30/2017

マリーヌ・ルペン支持者は政治不満や欧州離脱派、本当は外国人嫌いの人種差別者

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎30/‎04/‎2017‎‎-11:26:59)28日に「立てフランス」( Debout la France)」(DLR)党議長のニコラ・デュポンティニヤン(Nicolas Dupont-Aignan)が極右系国民戦線(FN)党のマリーヌ・ルペン(Marine Le Pen)を支持すると記者会見で二人で宣言した。5月7日の仏大統領選挙当選の暁にはルペンはポンテェニヨンを首相に任命するとも話した。思想的には欧州離脱派でその点でマリーヌ・ル・ペンの国民戦線(FN)と繋がっている。6日後にテレビ(BFMTV)で開催される「En Marche!」協会代表エマニュエル・マクロン(Emmanuel Macron)との対決デバ(論争)では、マリーヌ・ルペンにとっては政治不満や欧州離脱を争点に持ち出したい作戦ではあるが、マクロンの懐刀はそうではなくて仏共和国の市民平等の価値に背くマリー・ルペンの外国人嫌いでありナチスまがいの人種差別主義の素顔を露呈させる点にあるようだ。2002年の仏大統領選挙の決選投票で父親のジャン・マリー・ルペンがシラクと争って負けたのは、FNが共闘をどことも組まなかったからだと認識されていて、今回は初の連立に踏み切った。

4/29/2017

極右系国民戦線のマリーヌ・ルペンが 党議長ジァルクを解任 ナチスの毒ガス否定発言が原因か

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎29/‎04/‎2017‎‎-14:07:39)28日、マリーヌ・ルペンの極右系国民戦線党(FN)のジャン・フランソワ・ジァルク(Jalkh)臨時議長がナチスの毒ガス使用の蛮行を否定する発言で告発されていて、これが元になって辞任されたらしい。代行にはFN勢力の強いヘニン・ボーモンの市長で欧州議員のスティブ・ブリオ氏が就任することになった。ジァルク氏は、第二次世界大戦中のナチスのガス室でユダヤ人殺害が存在したことを否定する発言で告訴されていた。ジャルク氏は毒ガスで大量に人を殺害するのは技術的観点から不可能なことだと以前に研究者へ話したことがあり、このことが28日のテレビでは報道されている。しかしジャルク氏はこれを否定している。仏大統領選挙の決選投票日を1週間後に控えマリーヌ・ルペンFN候補は、このガス室否定の発言が拡大する影響を恐れてか緊急に党のトップを交換したと思われる。

4/28/2017

欧州離脱宣言のルペンは 欧州議会から5億円もの架空雇用・公金横領で潤う

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎28/‎04/‎2017‎‎-0:58:15)欧州議会は2017年の仏大統領選挙候補である極右派FN総裁マリーヌ・ルペンの責任を問うて仏裁判所に対しルペンが欧州議会で架空雇用で500万ユーロ(約55000万円)ほどの公金横領があったことを指摘している。この金額は基本的には2012年から2017年の間にルペンの極右派系国民戦線(FN)の欧州議員マリーヌ・ルペン、ルイ・アリオ、フローラン・フィリッポ等17人のアシスタントらに対し架空雇用で支払われたものであるという。ルペンはフランスが欧州共同体(EU)へ提供する資金はあまりにも多いが、それに見合った農家などへの援助資金は欧州から受け取ってないとして、欧州離脱を宣言している。しかしルペン派の欧州議員らがヨーロッパの公金を悪用し公金汚職で潤っていたとなるとそのモラルは厳しく批判されなければならないだろう。後でわかった金額なども入れると44978122ユーロに達していてこの数字は更に増える可能性があるとしながらも、4月26日の時点での数字を欧州議会が公式に発表したことをメゾヌーヴ欧州議会付き弁護士はフランステレビアンフォ(France tvinfo)に話した。

4/25/2017

仏大統領選挙 第二次投票予想でマクロン勝利の世論調査を信じるな

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎‎‎25/‎04/‎2017-9:45:46)メランションはマクロン支援を指名宣言してなくて、メランションの最側近によると選択はおのずから知れたものとしてメランション支持者の自由な判断に委ねた。そのことで各党の第二次投票への影響が世論調査会社が数字を出している。正確な数字は忘れたがかなり高い%でマクロンを支持に回るようだ。24日夜のテレビ(BFMTV)ではこの件で、インターネット新聞の「メディアパー」のプレネル会長や知識人層と学生・労働者にも人気のあるリベラション紙のなジョフラン編集局長が出席し、右派系紙ではヴァリュー・アクチュエルの政治編集局長やパリジアン紙の政治局長などでデバ(論争)が行われた。ルペン支持に回るのが一番多いのはフィヨン支持者のようです。フランス人を分断し人種差別や宗教的な違いで差別するマリーヌ・ル・ペンのFNの性格を歴史的に正しく認識し、これに欧州全体で防衛を組む必要があるだろう。非常事態なのだとの認識を緩和させるメディアや世論調査会社の無責任な報道を心配する。フランソワ・オランド仏大統領はそのFNのルペン防衛を宣言しマクロンに投票しようと言っている。確かにマクロンは若くて不安なところもあるかもしれないが、正体を隠した極右派は歴史を通して変わってないのだとプレネルはイタリアの例を挙げて話している。

4/24/2017

仏大統領選挙はマクロンが勝利 左右中道ではなく全フランス市民の大統領として

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎24/‎04/‎2017‎‎-11:09:19)23日の仏大統領選挙予選で仏前経済相エマニュエル・マクロン氏がトップ当選を果たした。マクロンは左派からも右派からも支持されている。2017年の仏大統領選挙予選候補者のトップ5人を最終結果の出る前の24日午前2時頃(仏時間)の得票を順に見るとマクロンが23,87%、ルペン21,91%、フィヨン19,90%、メランション19,23%、アモン6,28%となっている。一般にそういうふうに古い政治の見方ではなるが、今回の選挙での特色はそのような旧来の左派と右派の対立の不毛性を批判した傾向が選挙結果に表れたと言われている。多極化ともいえるがそうではなくて、これまでのフランスのミッテランやオランドの社会党(PS)、そしてサルコジやフィヨンに代表される「共和党」(LC)という旧来の二大政治勢力が消えてしまったということが指摘されている。それではオランダ政権から抜け出した経済相であったマクロンは中道派なのかというとそれが違うようだ。マクロンは23日22時過ぎに勝利演説し自分は総てのフランス人の代表であると発言している。自分の支持者がどこから来たかという過去の所属を問わないとも言っている。この背景には二大勢力の闘争がフランスを不毛にして弱体化と混乱を生んできたとフランス国民が認識し始めて来ていることを鋭く捉えて理解した新しい政治家の登場といえる。パレゾー前仏経団連会長はマクロン支持者達は他の候補者と異なって、フランスの旗と共に欧州旗を振っていたことを指摘している。ここに、ペンやフィヨンが人種差別的な移民批判で票を稼ごうとした選挙方針とは異なる広い層の欧州市民の平等尊厳の理解を得られる原因があったということだろう。

4/21/2017

ISが犯行声明 シャンゼリゼ大通りで警察1人射殺 仏大統領選挙前のメラ事件を髣髴

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎‎‎21/‎04/‎2017-10:05:26)20日夜21時少し前に、パリのシャンゼリゼ大通り102番地付近の凱旋門近くで銃撃戦があり警官1人が射殺され2人が負傷した襲撃事件はイスラム国家テロリスト組織(IS)のベルギーのアブ・ユーセフが犯行声明を事件直後の23時30分頃にだした。男性警官のもう一人は背中を撃たれ重傷、もう一人は観光客の女性で膝に破裂物を受けて負傷した。犯人は殺害されている。フランスで3日後の日曜日に大統領選挙の第一回予選投票がある。フランスは毎回大統領選挙の投票日近くなるとイスラム主義者のテロが話題になる。有名なのが南仏のトールーズとモントーバンで起きた「モハメッド・メラ事件」だ。トゥールーズ・モンターバンでのスクター連続殺害事件は仏パラシュート部隊の軍人3人とユダヤ人学校を襲って3人の子供と教師を殺害したもので、それはフランス人の誰もの記憶に深く焼きついた事件であった。殺害事件は2012年の3月19日と3月19日に起こりメラ青年は閉じこもったアパート内に篭城しこれを仏の特殊部隊が襲撃し3月22日に殺害した。これがモハメッド・メラ事件と呼ばれるものだ。メラ青年は再犯者で危険人物リスト・カード(フィシュS)だった。今回の警察殺害犯人ユーセフも警察に知られた危険な人物でフィシュSだとの報道はなされていたのだろうか。

4/20/2017

仏外相が確信 シリアのアサドの化学兵器使用は絶対 フィヨンやルペンとの関係でも大切だと

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎‎‎20/‎04/‎2017-7:42:55)フランスのジャン・マルク・アイロー外相(元首相)は、シリアでアサド大統領軍がシリア反体制側市民に対し4月4日に87人を殺害しその内の子供が31人の犠牲者をだした Chan Schaichunで起きた事件で、化学兵器を使用したことは確実でその証拠を握ったと確信を述べた。もっか仏秘密情報局や仏軍隊が調べているかフランスは近くこの人権違反の犯罪証拠を公表できると19日にフランス通信(AFP)、ルモンド紙、国営ラジオ・フランス・アンフォ、国会中継専門のテレビ局LCPの共催番組の中で述べている。アサドはこれを全面否定してきている。アイロー外相の言うにはこの化学兵器をシリアが使ったかどうかは非常に大事であり、現在シリアを支援しているロシア訪問でプーチン大統領と会見して来たフィヨン候補やルペン候補、またメランション候補などを考える時に、仏大統領選挙を前にこれを明確化することは非常に大事だとも話した。

フィヨンの情報暗号学校訪問は 生徒の嫌悪で急遽中止 報道ではテロの危険だと

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎‎-)フランス国営放送テレビA2や他のテレビでいつでもフィヨンの事を第一に取り上げるのに今日19日昼のニュースではフィヨンの事が話されないで左派党のジャン・リュック・メランション候補や社会党(PS)のブノワ・アモン候補や、仏前経済相エマニュエル・マクロン候補の訪問先が次々と話されているが、フィヨンの訪問先のニュースは無かった。その理由は、どうも19日にフィヨンとジュッペが6カ月ぶりに会って二人で訪問する予定だったパリにある「学校42」という通信機器会社フリーの創立者の一人でフィヨンの友人だというグザビエ・ニィエール氏が設立した情報暗号解読の学校だが、ここの生徒たちがフィヨンに忠誠をもってなくて、フィヨンの妻子に架空雇用で優遇した公金汚職の「金を返せ」などと発言していてむしろ強い敵意を示し、フィヨンの訪問に反対しているという。ラジオRTLのポリーンヌさんが報道し、一部は国営ラジオ・フランス・アンフォが短く報道している。本当はフィヨンがまた再び訪問先で小麦粉を投げかけられたりナベ釜を打ち鳴らして迎えられることを避けたかったのである。この訪問が中止になったのはテロの危険があるためだと理由をすり替えて報道する体制メディアが多いのも困ったものだ。

4/17/2017

民主主義実現の為にトルコの論議封じ込めに反対 仏大統領選挙にはデバ(論争)は必要 

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎‎‎17/‎04/‎2017-22:09:26)大切なことがたくさん書かれているコメントを私のフェースブックで受け取りました。それで今回のトルコの大統領権力強大化の是非を決める国民投票のこともふくめ少し心が重かったのです。昔、トルコ人の知り合いがいて、国民の100%近くがイスラム教徒でイスラム政権が近代史のなかで初めて樹立されたころに教育を受けた青年です。誰が何を発現しても私はかまわないと思っているのですがこの青年は相手の言葉を遮ることをするのでした。論議の封じ込めをする為にそれが非常に嫌な感じに思えた理由だったのです。今は国の不幸と彼等の因果を思うとなんとなく納得がいくように思えるのです。やはりどんな思想を持つ国民がいるのかということが、フランスでも米国でも日本でも何処の国でもその国の運命を決めてしまうのでしょう。
フランスには大きな誤りがあってそれがフランス国民の思考を濁らせ不透明にさせています。それは共和国の政教分離(ライシテ)の精神のことです。これは大きな誤った使い方がされていると思います。

トルコ改憲で国民投票  エルドガン勝利の選挙不正を反対派が抗議

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎‎‎17/‎04/‎2017-10:52:43)トルコの憲法改正でエルドガン(Erdogan)トルコ大統領の独裁権力化を問う16日の国民投票結果が夕刻わかった。投票率は85%。開票99,45%時点で51,37%がエルドガンの2029年までの独裁と改憲を支持した。しかし反対派は、エルドガン体制が高等選挙審議会に公式な印証明の押されてない投票用紙を有効票として認めさせたことに抗議している。エルドガンはこの抗議に対して不満を感じているらしく諸外国にトルコ国の選挙決定を尊重するように呼びかけている。トルコのエルドガンは前のクーデタの失敗を国家転覆を謀ったとして反対派の市民を牢獄に入れたりして弾圧している。今後のエルドガン体制では裁判官の任命を大統領がすることになり、メディアの独立が完全に剥奪される恐れが強い。トルコの独裁化に拍車をかけることが世界から心配されている。トルコが民主主義国家とは全然異なる世界へと遠ざかっていくことになる。

4/16/2017

トランプ米軍の アフガニスタン落下の11トン爆弾の死者は当初の3倍に

(パリ=飛田正夫 日本時間‎16/‎04/‎2017-20:37:42)トランプ米軍がイスラム国家テロリスト組織(IS)の地下道を壊滅させるためにアフガニスタンに落下した前代未聞の11トン爆弾で死亡者は当初36人の3倍になっていることがアフガニスタン政府の15日の発表で少なくても90人を超えていることを明らかにした。使用された爆弾は「総ての爆弾の源」と呼ばれるもので、これまでに使用されたどんな爆弾よりも原子爆弾を除いてはこの最大級爆弾の使用はこれが初めてだといわれている。住民たちは激しい地震のようであったと証言しているのがテレビで報道されているが、トランプは爆弾の威力を確認しかったのだろうか。

北朝鮮は米国の威嚇に核戦争の脅迫で応答

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎16/‎04/‎2017‎‎-20:05:01)15日、北朝鮮は金日成の生誕105年を祝賀して大軍事パレードを開催し、14日に報道されていた通りこれを記念して16日にミサイル実験を実行したが、発射と同時に爆発し実験は不成功に終わったことを韓国軍事相が確認している。

米大統領トランプの挑発で 北朝鮮のミサイル実権発射は失敗

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎16/‎04/‎2017‎‎-11:35:24)北朝鮮建国の父である金日成元国家主席の生誕105年を記念する軍事パレードが4月15日に盛大に行われた。そこには60発ほどのミサイルに混じって大陸横断弾道搭載ミサイルの新型が何種類か姿を現していて、その軍事力を誇示していた。この記念行事の一環としてミサイル実験が16日になされたが、これは失敗に終わったと米国のCNNを引いてイタリアの新聞「IL GAZZETTINO」などが欧州ではいち早く報道している。これにはトランプ米大統領が、最近アフガニスタンやシリアで米国最大の爆弾を落としてみせ、米海軍の空母艦隊を北朝鮮へ向けて出動させたりして北朝鮮の問題を治して見せるなどと挑発的な発言があった。北朝鮮のミサイルは15日11時(21分GMT21h21)に撃たれたがその直後に爆発した模様。韓国防衛相が確認情報を出した。

4/15/2017

北朝鮮は米国の挑発に 韓国の米軍基地や大統領官邸などは数分で粉々に破壊と応答

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎15/‎04/‎2017‎‎-6:28:16)14日、北朝鮮は米国のあらゆる挑発行為に対して「容赦はしない」と北朝鮮中央通信社(KCNA)によって14日に米国への応答が発表された。10日からは北京と平城との間の飛行機航路が封鎖されると14日に中国中央テレビ局(CCTV)が報道している。金日成生誕105周年記念で15日には国際社会が禁止する原爆ミサイル実験を行うのではないかと心配されている。今、国際社会の最も心配する事は北朝鮮の持つ原爆兵器が確実に発射されると断言されていることなのだ。ドナルド・トランプの13日の「北朝鮮の問題を直してやる」という喧嘩を売るような言葉もよくない。その為にKCNAによると、韓国にある米軍基地や大統領官邸などは数分で粉々に破壊できるといっている。ここには日本国の名前などは報道されてないようだ。中国の外務大臣は平和に払われる犠牲は瞬時に起こる可能性がありその責任は歴史的なものだ。米国にも北朝鮮にとっても良くないことで何の利益もないとコメントしているという。これは何もいってないのと同じ事で戦争をやめさせることにはならないだろう。中国は北朝鮮を支持する唯一の国であるが原子力爆弾の所持には反対している。米国の硬化する態度にも注意を促してきた。

4/14/2017

2011年の仏軍介入のコート・ジボワールを デュードネが語る ユーチューブ

2011年4月15日に投稿されたインタビューですが、当時の旧フランス植民地であったコート・ジボワールでの大統領選挙を巡っての、サルコジ前大統領の介入などアラサン・ワタラ現大統領支持がチュニジアの民衆の胎動によってベンアリが追放になったようにではなく、フランスの軍隊がコート・ジボワールという他国の独立主権への介入を行って戦車が市内を走り大統領官邸を襲撃して、仏の特殊部隊によってバグボ大統領は取り押さえられた。これをサルコジが支持する当時の反政府勢力のアラサンワタラの要請があったからだとしていた。そこにはシオニストはユダヤ人とはイコールではないとしながらも、その代表であるフランスの哲学者ベルナール・アンリー・レヴィー(BHL)やサルコジの勢力が経済的なブイグやトータル、ヴァンサン・ボロレのアフリカでの港湾施設や鉄道など、そうしたコート・ジボワールでの石油やカカオ豆の利益を背景に、当時の政変が起こされたのであるとデュードネはコロニアリズムの新しい形ちを分析して語る。
この事件はリビアのカダフィ失脚の場合にも当てはまることだとし、ネルソンマンデラが一番尊敬していた人にリビアのカダフィ大佐がいたのだと言っている。それは彼が獄中に監禁されていた時にマンデラを支持してくれたのがカダフィ大佐だったからだと言っている。現代史の知られざる裏面をメディアの権力と結託して造作された仮想世界を突き崩す発言で驚くべきものがある。またこれまでの印象では、反政府的な演劇家で利益隠しなどで騒がれたデュードネに対する悪い印象が吹っ飛んでしまった。

4/13/2017

ロシアが国連安保理で 8回目の拒否権行使 シリアのアサドを擁護

4月12日にロシア側は米・仏・英側のシリアの化学兵器使用を国際調査する要求提案提案に反対し、の国連安保理で八回目の拒否権行使をしてシリアのアサドを擁護した。プーチン大統領はアサドが化学兵器を使用したことを批判していたが、ロシアがシリアとの旧来の悪縁を踏み切れなかったことが、人権殺戮でのシリアとの予同罪を認めることになってしまったのが残念である。15カ国の国連安保理審議国のメンバーではボリビアがロシアと共にこれに反対した。中国、カザクスタン、エチオピアの3カ国は棄権した。11日から訪ロ中の米国国家書記レックス・ティレソン(Rex Tillerson )は12日にモスクワでプーチン大統領と2時間ほど会談した。

仏警察が黒崎愛海さんの遺体捜査を再開 チリ裁判所は失踪の夜に容疑者は一緒だったと証言 

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎13/‎04/‎2017‎‎-8:47:13)12日深夜の国営ラジオ・フランス・アンフォなどフランスのメディアによると黒崎愛海(なるみ)さんがブザンソン大学の学生寮から姿を消した2016年12月4日の夜にチリ人のニコラス・ゼペラ・コントレラス(Nicolas Zepeda Contreras)26歳は一緒に鳴海さんといたことをチリ裁判所は証言したと報道した。しかし青年は殺害したことを否定している。フランスの警察はブザンソンとドールとの間に鳴海さんの死体は埋められていると確信している。死体捜査の専門ら80人の警察とヘリコプターや捜査犬などをつかて再度詳しく調べると宣言。黒崎愛海さんの遺体捜査が4月10日から再開された。チリ裁判所は失踪の夜に容疑者と鳴海さんとは一緒だったことを証言していて、殺害のあった12月4日の夜に泣き叫ぶ声やドアにぶつかる騒音が聞こえたと同じ学生寮に住む人たちは証言していた。このことに関してはコントレラスは否定してなく、自分もその音を聞いたがそれは隣の住人の私的なものであったのであり、その日以来、成海さんを見ていないと言っているという。仏警察はチリ側に対しコントレラスの一時送検を要求していたがチリ裁判所は証拠不十分なためにそれは出来ないと断っている。

4/12/2017

フィヨンの妻に報酬毎月50万 学生時代の25歳から 「メディアパー」の後で「カナール・アンシュネ」が暴露

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎12/‎04/‎2017‎‎-10:09:16)12日発売の「カナール・アンシュネ」ではフィヨンの妻に報酬月50万円が1980年から支払われていたと暴露した。10日の「メディアパー」はフィヨンが証言した1986年年よりも4年ほど前の1982年から議会アシスタントとして架空雇用の公金横領がフィヨンの妻ペネロップさんに支払われていたことを暴露したが、今回の暴露はそれよりも更に2年前にさかのぼってフィヨンがジェエル・ル・チュール防衛相(1980年10月~1980年12月)の官房室長の時代に、協力者として省庁の金で報酬を受けていたというものだ。ペネロップ・クラーク(Penelope Clarke)さんはこの時代25歳でまだフィヨンとは結婚してなくソルボンヌ大学の学生であった。ペネロップは1980年から15カ月間に渡り月6000フラン(約50万円)を得ていた。フィヨン側ではこれを否定している。政治家批判専門のカナール・アンシュネ紙はこれにも証拠があることを保証している。フィヨンは既に3月14日に予定されていた15日を繰り上げてもらってメディアの映像に晒されないように秘密裡に公共資金横領罪や社会財産汚職の罪によって起訴された。同様にして妻のぺネロップも架空雇用の公金横領罪で3月28日に起訴されている。

米国家書記官がシリア問題でロシア到着前に イタリアG7外相会議でアサドの国外追放を全員一致で決議

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎12/‎04/‎2017‎‎-0:05:11)10日からイタリアに集会している世界の経済大国であるカナダ、イタリア、英国、ドイツ、フランス、日本、米国のG7外相会議では11日午後に、ロシアは国連で拒否権を行使してはならないこととアサドの国外追放を全員一致で決議している。これは米大統領ドナルド・トランプがシリアのアサド大統領の化学兵器使用の制裁でアサド軍基地を空爆した後の米国国家書記官レックス・ティレソン(Rex Tillerso)によって11日から2日間に渡りロシア側首脳と会談する直前のイタリアでの会議でありロシアに対し圧力をかける重要な意味を持つ。ロシアと米国との会談ではロシア側は敵対関係のためではなくて建設的な会談を希望しているとイタリア各紙は報道している。シリアのアサド大統領をロシアのプーチンはあくまでも支援する方向のようで、この点でのロシア側の変化が会合の焦点になる模様だ。

4/11/2017

アムネスティ・インターナショナル発表 2016年度死刑は世界で1032人 中国の数は国家機密

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎11/‎04/‎2017‎‎-22:40:03)11日、国際人権擁護団体のアムネスティ・インターナショナルは2016年度の世界の死刑犯の執行状況を報告した。それによると2015年度比で37%減少し世界中で1032人が死刑になっているがこれは見かけ上のことで、実際にはもっと多いのだという。国別ではイラン、サウジアラビア、イラク、パキスタンで、中国が世界で唯一、死刑統計を開示せずに国家機密にしている国で、その数は外交筋の高官の話しでは年間千人を下らず、世界全部の死刑数よりも多いのではないかと見られている。国際ニュース専門の仏24チャンネルが昼に報道した。米国は1991年以来最低の数を記録して国際比較ではトップクラス入りしなかった。

マリーヌ・ル・ペン アウシュビッツ収容所へのユダヤ人一切検挙には仏国は責任なしと逸脱発言

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎‎‎11/‎04/‎2017-10:25:13)二週間後の仏大統領選挙第一次投票を前にして極右派のマリーヌ・ル・ペンFN候補は1942年のヴェルディブ(Vél’ d’Hiv)の一切検挙の責任はないと9日のラジオ・テレビ・新聞社共催番組グランジュリー(Grand Jury)に出演して威厳のない逸脱発言をした。もっかの世論調査では11人の候補者中でトップだがこの発言で変化がでそうだ。フランスがナチスドイツ占領下にユダヤ人をアウシュビッツ収容所へと輸送した犯罪に関してはジャック・シラク大統領が1995年7月に「その時にフランスは取り返しのつかないことをしてしまった」とこれを認めている。これには当時のラファランもジョスパンも誰もが明快にフランス政府の過ちを承認したのであったとルモンド紙は述べている。フランソワ・オランド仏大統領は「フランスがフランスで犯した犯罪である」とこれを告発している。マリーヌ・ル・ペンはそれはナチス傀儡のヴィシー政権がやったのでフランスは戦争責任を反省する必要はないと発言したわけだ。彼女は父親のル・ペンと同様にその正体を露見させたのだとして、他の仏大統領選挙候補者からは格好の批判の的になっている。

フィヨンの妻の架空雇用は 1986年からではなく1982年から 「メディアパー」が報道

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎11/‎04/‎2017‎‎-9:02:00)フィヨン元首相の妻ペネロップさんを仏議会付きアシスタントとして雇用していたことが1月24日に辛辣な政治家暴露の専門紙カナール・アンシュネが暴露したことが大問題になって二人は架空雇用の公金横領罪などで起訴された。その時にフィヨン氏は民法テレビTF1に出演して妻を1986年からアシスタントとして雇用していたことに間違いはないと宣言していた。ところが仏司法検事の調査でそれ以前の1982年から議会からの報酬を受け取っていたことがインターネット新聞の「メディアパー」が10日に報道した。フィヨンが弁明した時期の1986年から雇用が開始されたのではなくて、それ以前の1982年から架空雇用の公金横領は開始されていたということになる。

4/09/2017

エジプトでダブル・アタンタ コプト寺院2カ所で38人以上が死亡 ISが犯行声明

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎‎‎09/‎04/‎2017-22:49:07)9日エジプトのカイロ北部タンタの町のコプト寺院で爆弾襲撃テロがあり27人が死亡。その直後にアレクサンドリアのコプト寺院付近でもアタンタがあり11人が死亡した。エジプトは復活祭を前にラモー(Rameaux)のミサの最中を狙ったダブル・アタンタに見舞われた。イスラム国家テロリスト組織(IS)が犯行声明を出している。エジプトにはエジプトのカトリック教会コプト寺院があって人口の10%ほどが信徒としている。カイロに本拠をもつイスラムのスニット派側はこの事件をエジプトの国家安定を崩壊するものだと見て社会構成体の結束強化を呼びかけた。フランソワ・オランド仏大統領はエジプトと共にこの恐ろしいイスラム国家テロリスト組織(IS)と戦うと話した。

北朝鮮沖への米空母艦隊集結に 安倍喜ぶ仏メディアが報道

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎09/‎04/‎2017‎‎-21:29:47)新大統領ドナルド・トランプは米国を訪問した中国首相と会談し北朝鮮問題を特に話し会った模様で、その直後に北朝鮮への米空母艦隊の派遣を決めたとフランスのメディアでは報道されている。もっかフィリッピン方面から北朝鮮沖に戦艦部隊が集結中だ。このことで日本の安倍晋三首相は米国の決断を喜んでいる映像と米国の歴史専門家を出演させて解説させた。オバマはこの国際的な戦争への歯車に引っ掛かることを大統領在任中に避けて来たが、トランプは無間地獄の戦争へと進むギヤの回転の中に嵌り込んでしまったようだとフランス国内問題が中心の国営放送テレビ3チャンネルは9日昼の放送で詳しく報道した。しかし視聴率の高い仏国営放送テレビA2では米空母艦隊が海上を航行している写真を写し出しただけて詳しい解説もなく5秒ほどで終わった。

フランスでジャーナリストと裁判官へ実弾入りの死の脅迫状

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎‎‎09/‎04/‎2017-9:47:56)フランスでフィヨン「共和党」(LR)仏大統領選挙候補の架空雇用公金横領罪での起訴を導いた週刊紙「カナール・アンシュネ」やインターネット新聞「メディアパー」のジャーナリストに対し、またフィヨンとその妻ペネロップとの起訴で調査中の財政担当裁判官らに対して計6通の死の脅迫状が届いた。いずれも封筒の中に実弾とドクロの絵を描いた棺の絵が入っている。「メディアパー」のエドワード・プレネル会長に送られたマルセイユで投函された30日付けの封筒の中には棺の絵にEPの頭文字が描かれている。プレネル会長はメディアに対する恐るべき弾圧だとして告訴した。政治家批判専門の週刊紙カナール・アンシュネには棺の絵にアヒル(カナール)が描かれているものが送られて来たという。2017年の仏大統領選挙という民主主義の最重要行事の一つに新たな疑惑の波紋が投げかけられている。

4/08/2017

フィヨンの訴えるオランド仏大統領官邸に「キャビネ・ノワー」は裁判所が却下

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎‎‎08/‎04/‎2017-22:13:12)フィヨン仏大統領選挙候補はオランド仏大統領にキャビネ・ノワーがあってここで「共和党」(LR)のフィヨン候補への策謀が練られていて、一般では知られてない情報が週刊紙「カナール・アンシュネ」などに流されて自分を批判させているのだと裁判所に告訴していたが。これには何の証拠もなく裁判所は7日にフィヨンの訴えを退け却下した。あるジャーナリストの解説では架空雇用の公金横領罪で窮地に陥っているフィヨンの起訴事件は、これに対抗するためにフィヨンの言い出した「キャビネ・ノワー」は、人気挽回に効果があったと言っている。フランソワ・オランド仏大統領官邸にあるという批判は」「Bienvenue Place Beauvau」という本を根拠としてフィヨンがここにキャビネ・ノワーが書いてあると言っていいだしたものであった。しかしこれを書いたジャーナリストはフィヨンの読み間違いであってそんなことは書いてないと反論していた。

20日の仏大統領選挙デバは中止 A2は真実開示のデバではなくインタビュー形式を提示

(パリ=飛田正夫 日本時間‎08/‎04/‎2017;20:14:21‎‎‎)28日にテレビ(BFMTV)とCNニュース共催で行われた11人の仏大統領選挙候補者のデバ(論争)はジャーナリストのエルクリエフさんとフェラリーさんの司会で大成功を見せた。しかしその後、フランス国営放送テレビA2が担当する次の4月20日のテレビデバは中止すると宣言した。理由はよく分からないがフィヨン一家の起訴事件を別の野党候補者ピュトー氏などから名指しで批判がでたためにフィヨン候補に不利になると見たのかもしれない。テレビA2ではデバを中止し、11人をクジで順番を決めて15分ぐらいのインタビューをしてゆくと言っている。最後の番になった者は真夜中になり視聴者も少ないかもしれない。A2ではもしも11人の仏大統領選挙候補者の1人でも反対者があれば放送を中止するとも言っている。デバというのは論争なのでこれがフランス人が好む真実を開示するための論議形式なのである。

サルコジの特別秘書官ゲイノはフィヨンに投票しないと

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎‎‎08/‎04/‎2017-19:40)サルコジ前大統領の特別秘書官であったアンリ・ゲイノはフィヨンの仏大統領選挙出馬は完全な失敗だっただけでなく道徳的退廃であると3月31日に宣言したが、サルコジが汚した国民運動連合UMPの名では大統領選挙に勝てないと見て名前を共和党(LC)に変えた同党の大統領選挙候補はフィヨンになった。フィヨンが最終戦にペンと共に残った場合でもフランスを収める権威も力も無いとしてゲイノは自分は投票しないとフィヨンと手を切った。フィヨンとフィヨンの妻は架空雇用公金横領罪で起訴された。

スェーデンのストックホルムの繁華街でトラック襲撃テロ2人死亡

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎‎-)7日スエーデンの首都ストックホルムの歩行者天国の繁華街で現地時間14時(パリ時間15時)少し前にテロの犯行とみられるトラックによる襲撃がアレン(Åhlens)デパート近くの交差点であり少なくとも3人死亡し多くの負傷者をだした。スェーデンのステファン・ロベーン首相はテロの犯行だと宣言している。地下鉄は混乱し空にはヘリコプターが飛び交っていて警察では町の中心街に近づかないよういに警告している。

【参考記事】
http://www.lemonde.fr/europe/article/2017/04/07/suede-un-camion-renverse-des-passants-a-stockholm_5107716_3214.html
http://www.dailymail.co.uk/news/article-4390436/Truck-rammed-group-pedestrians-Stockholm.html
http://www.lexpress.fr/actualite/monde/europe/suede-une-camionnette-percute-des-passants-a-stockholm-plusieurs-blesses_1896856.html

4/07/2017

米国がシリアのアサド軍基地を爆破 化学兵器使用制裁でミサイル射撃 仏はトランプ追従には躊躇

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎‎‎07/‎04/‎2017-18:21:24)7日11時(パリ時間)少し前の国営ラジオ・フランス・アンフォは昨夜トランプ米大統領がシリアのアサド大統領のサリン化学兵器使用の制裁措置として地中海に停泊させている米戦艦から59発のミサイルを発射しアサド政府軍基地を爆破したと発表した。アサド側は6人の兵士が死亡したと発表した。フランスのフランソワ・オランド仏大統領は2013年の化学兵器使用の時にはアサド制裁の空爆を米国に呼びかけたがオバマ大統領はこれに応えなかった。フランスの態度は現在まで反シリアの先頭に立ってきたこともありメルケル独首相との歩調を考えてトランプ陣営に追従する考えはないようだ。その為にフランスが世界で唯一アサドの非人間的な殺戮行為に抗議し反対し続けてきた国であったが、今回は米新大統領のドナルド・トランプが突如として昨日から態度一変した為に欧州各国はこのシリアの独裁者アサド制裁を歓迎する声が高まっている。

シリアの化学兵器使用を英仏と共に米ロも批判 しかしトロンプのプーチン批判は無し

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎07/‎04/‎2017‎‎-10:03:57)シリアが4日に化学兵器を使用したことで68人が死亡しその内の30人は子供であったことが、シリアの独裁者アサド大統領をトランプ米大統領が批判する引き金となったようだ。一週間前にはトランプはアサドの国外追放は先決問題ではないと発言していたが、6日にはトランプは態度を改めて英仏と共にアサドの虐殺行為を批判している。シリアを支援しているプーチン大統領も今回は化学兵器使用の証拠が多く上がっていることからアサドを批判することをして見せている。しかしロシアは具体的なアサドのシリア政府軍への制裁行為を打ち出していない。米国のトロンプも急にシリア政策の転換を打ち出しているが具体的なアサドへの武力制裁は無く、プーチン批判さえしていない。その為にフランスのジャーナリストの中にはプーチン大統領もトランプ大統領も何時また元の意見に翻るかと次の行動を見守っているというところがある。アサドの人権違反行為を厳しく当初から批判してきたのはフランソワ・オランド仏大統領であるが、これにはオバマも協力することが無かった為に理解されないまま現在のシリアの悲劇が起こってしまった。

4/05/2017

アサド軍が中毒ガスの化学兵器使用 シリア市民ら最低58人死亡170人が負傷 

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎05/‎04/‎2017‎‎-1:16:08)4日、イスラム聖戦主義者の占領するシリア北西部でシリアのアサド(Bachar el-Assad)大統領の軍隊が中毒ガズの化学兵器を空から使用して攻撃したとシリア反体制蜂起側が訴えている。この攻撃で58人が死亡し170人が負傷したと今の所は発表されている。国際社会はブリュッセルでのシリアの将来を論議した国際交渉の時にこのような新たな殺戮となったことを残念がっている。シリアの人権関連国連調査委員会は4日、この化学兵器に関し調査中だと発表した。フランソワ・オランド仏大統領は4日午後シリアのアサド(Bachar el-Assad)大統領が化学兵器を用いたことの責任を髣髴させて58人の殺戮について大統領官邸エリゼ宮殿で記者会見して話した。オランド大統領は国や名前を挙げなかったがアサドの共犯者には道徳的責任があるとしてアサド支援国を批判した。シリアの独裁者アサドがオムスで2-11年3月に市民に向けて大砲を撃って始まったシリア反体制派への弾圧はすでに31万人を死亡させ国民の半数以上もの難民をだしている。

4/04/2017

ロシアのメトロで10人爆発死 イスラム国家テロリストの予告実行か

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎04/‎04/‎2017‎‎-0:53:04)3日15時40分(GMT12時40分) 頃に、ロシアのサンクトペテルブルクのメトロで爆発があって少なくと10人死亡し、負傷者は20人以上を数えている。政府はテロリストの犯行筋を除外していないと言っている。爆発はサンクトペテルブルク市内の南西部の二つの駅 (Sennaïa Plochiad)と(Tekhnologuitcheski Institout)の間で起こった。政府筋では別のメトロの駅にも手作りの爆発物が発見されたといっている。2015年にシリアの独裁者アサド大統領勢力をロシアのプーチン大統領が支持介入したことで、ロシアに対し襲撃するとイスラム国家テロリスト組織(IS)は予告していた。

3/29/2017

妻のペネロップはトリプル起訴 フィヨン仏元首相も起訴 

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎‎-)28日に行方がわからなかったフィヨン元首相の妻のペネロップは夫フランソワ・フィヨン同様に秘密裡に確実に起訴された。しかもトリプル起訴という異例のもので、すでに14日に起訴された夫のフランソワ・フィヨンと共に夫婦での起訴となった。ペネロップはもしもフィヨンが仏大統領選挙で当選した場合にも大統領在任中の特権は妻には与えられないために裁判は停止することはできない。起訴ではペネロップは前言を翻して自分は地方にある家に来たフィヨン議員への手紙の整理などの仕事をしていたのだと話し議員アシスタントの仕事をやっていたので、架空雇用をしてなかったと防衛したが、つじつまの合わない二重雇用もあって判事を説得できなかった。ペネロップが働いたと主張する「二つの世界」という雑誌と、議員アシスタント架空雇用の二つの架空雇用が問われる。さらに公金横領共謀罪で起訴されることになった。

3/28/2017

贈り物や公金横領罪で起訴のフィヨンにバスク解放の活動家が「フィヨンを牢獄へ入れろ」と抗議

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎28/‎03/‎2017‎‎-6:55:32)まったく人気の無くなった「共和党」(LR)候補の大統領選挙候補のフランソワ・フィヨン元仏首相だが、先週末にはピレネー山中の赤いピーマン栽培で有名なエスペレエット(Espelette)の町を訪問した。そこではバスク地方解放の活動家30人程がフィヨンにナベ釜を打ち鳴らし、「フィヨンを牢獄へ入れろ」「フィヨンを辞任させろ」更にフィヨンの妻の「ペネロップを逮捕せよ」と叫んで腐った卵などを投げつけて迎えた。フィヨンはこれに対し、「この抗議活動は民主主義を傷つけている」「この抗議は私を支持する数百万のフランス人に対するものだ」と答えている。フィヨンは「抗議すればするほどフランス人は私を支持する」とも言っていたという。このバスク訪問の時に大富豪から贈られて騒ぎになっていた13000ユーロ(約150万円)の背広は友人のロベール・ブールジィ(Robert Bourgi)に返したと言った。

3/27/2017

仏聖職者57人が青少年への性犯罪行為 犠牲者339人   

(パリ=飛田正夫 日本時間‎27/‎03/‎2017;8:24:02‎‎)カトリック教会の本山バチカンとフランスのカトリック教会の人的管理がリヨンの大司教フィリップ・バルバラン(Philippe Barbarin)枢機卿の青少年への性犯罪行為(ペドフィル)はフランスを驚かせた。その後で今度は、インターネット新聞の「メディアパー」がフランスのカトリック教会聖職者による青少年へのペドフィルの犠牲者が339人を数えていることを独自の調査によって、21日20時55分から「教会の中のペドフィル」と題してフランス国営放送テレビA2で発表した。この番組には聖職者も呼ばれていたが説明する機会となる事よりも避難される場となる事を恐れてカトリック教会側は誰も出席しなかった。たしかに32人の僧侶や20人の引退した司教と5人の現役の司教による青少年への性犯罪行為にはどんな説明の余地もないだろう。報道によるとこの数は1960年代以降から現在に至るものであるが、その半数は2000年以降に起きていると指摘している。

3/26/2017

ペックレス元大臣の息子のカナビス暴露で オランド仏大統領の「秘密局」をフィヨン同様に批判

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎26/‎03/‎2017-23:05:10)イルドフランス地方議員ヴァレリー・ペックレッス元高等教育相の子供が18歳の時にパリの15区の街路で尋問され4グラムのカナビス所持で、2016年9月22日に検挙されている。この時期にはペクレスがパリ・イルドフランス地方議員選挙の最中で、サルコジ前大統領時代の高等教育相でもあったペクレスは青少年のカナビス消費が道徳感情を悪化させ学業に意欲を無くすものとしてこの麻薬の使用に反対の宣言をしていた。ペクレスはパリとその周辺都市イルドフランス地方の選挙運動の公約テーマの一つとして、学校で生徒への唾液による麻薬の検査を提案していたが、これは人権の侵害にもなりかねないことで廃案になっている。ペクレスは自分の子供の麻薬所持行為が、今回の本の出版でメディアに晒されてペクレスの家族の私生活が脅かされているのだと抗議している。この警察の秘密保持情報がジャーナリストに流れ出たのはオランド仏大統領の「秘密局」(キャビネ・ノワー)が組織したものだとフィヨン候補と同様に批判している。

3/18/2017

フィヨン元首相の起訴後の世論調査で 仏人の10人に9人が失望 嘘つきで信用がならないと

(パリ=飛田正夫 日本時間;‎18/‎03/‎2017‎‎-10:26:02)オドクサ(Odoxa)世論調査会社の調べではフィヨンの人気はがた落ちでフランス人の10人に9人が嘘つきで信用がならないと批判していることがわかった。1月中旬の政治家暴露専門の週刊紙カナール・アンシュネによって15日のフィヨンの妻や子供たちを使った架空雇用の公金横領罪で起訴が決ったが、フィヨンは自ら発表した裁判所出廷日を秘密裡に判事に頼んで一日早めた14日に極秘に変更して起訴が行なわれた。その為にフィヨンはサルコジの起訴の時のようにメディアの写真には一枚も写らなかった。起訴は場所に予定のナンテールの税金汚職取り締まり局ではなくて、ベルサイユ裁判所で取り調べが2時間ほど行われた。ジャーナリストは騙され裏を搔かれたわけでしばらくメディアはつんぼ桟敷の状態であった。しかしフランス人はこの様な世間周知の目を誤魔化し嘘をつくフィヨンのやり方をこころよくおもってないことが、今回の15日から16日にかけて行われた世論調査会の結果でわかった。