2017年11月14日火曜日

フィリッピンの大統領 トランプと3000人の麻薬殺害事件を話さなかった

(パリ=飛田正夫)フィリッピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、トランプ米大統領の訪問を迎えるにあたってトランプとの会談では話題がフィリッピンの人権尊厳には及ばないことを願うと話していたと、8日のフランスの西部新聞が既に報道していた。今回、両大統領は既にベトナムの経済協力フォーラム参加で出会っていて12日間に渡るトランプのアジア歴訪も12日のマニラ訪問で最後日なる。フィリッピンの大統領とはついに人権の問題は40分の会談の中では話しに出なかったとフィリピン大統領のスポークスマンは語っている。両大統領の話題はもっぱら経済取引きと防衛合意で占められていたという。ドゥテルテ大統領就任以来16カ月で、麻薬取締り強化では麻薬使用者や密売者などを3967人ほど殺害したと警察は発表している。これが国際社会の危惧を高めていた。フィリッピン政府はこれを否定し続けている。オバマ米前大統領は、一年前のラオス開催のAsean東南アジア経済協力会議ではドゥテルテ大統領と会談する予定だったが、「売春婦の子」扱いの中傷があった為に、ドゥテルテとの会談を直ぐに拒否した、とトリュビューン・ド・ジェネーブ紙は書いている。(日本時間 ‎14/‎11/‎2017;17:54)(仏時間 ‎14/‎11/‎2017;09:54:32)

2017年11月12日日曜日

バルセロナでスペイン政府の政治犯弾圧に 釈放要求デモ 

(パリ=飛田正夫)11日バルセロナで大規模なスペイン政治犯釈放を要求するデモがあった。これはカタルーニャ独立派が主催したもので、マリアノ・ラホイ大統領が非民主的憲法155条を悪用してカタルーニュ独立を妨害し弾圧してカタルーニュ議会の大臣ら8人と独立派協会の指導者2人を「国家反逆罪」などで逮捕し裁判も無いまま監獄に監禁していた。しかしこの処置を不当と考えたスペイン司法側が保釈金などを条件に、10日にカルメ・フォルカデェユ・カタルーニャ議会議長を釈放した。がまだ独立派の要人はマドリッド近くの監獄に残されていると11日のルモンド紙は報道している。カタルーニャ議会議長の釈放でスペイン政府の政治的弾圧の性格が浮き彫りにされることになってしまった。ブリュッセルに亡命中のカタルーニュのプジャダモン大統領は、スペイン政府のヨーロッパ指名手配の中で、ベルギー裁判所の判断を待ちながらも、カタルーニャ独立派に対して「我々は民主主義と自由を要求している。「我々は、総ての政治犯の釈放と国外にいる総ての者が自国に帰ることを望んでいる」とメセージを送って、「集団的抗議」を要求している。(日本時間 12/‎11/‎2017;02:32:39)(仏時間‎11/‎11/‎2017;18:32:39)

2017年11月10日金曜日

スペイン最高裁 カタルーニュ議会議長を15万ユーロで監獄から釈放 

(パリ=飛田正夫)9日スペイン最高裁は国家反逆罪や公共財汚職でカタルーニュ議会の議長であるカルメ・フォルカデェユさんを含む政府要人ら8人を保釈金を1週間の間に支払うことで釈放すると発表した。フォルカデェユさんの保釈金は15万ユーロ(約2000万円)となっている。昨夜遅く彼女はツィッターで「あなた方の暖かい愛情の支援の総てに感謝します」とカタルーニュ語で10日23時32分にメッセージを送っている。他のカタルーニュ政府のメンバーも25000ユーロをそれぞれ支払って釈放されることになった。(日本時間 ‎10/‎11/‎2017;18:00)(仏時間‎10/‎11/‎2017 ;10:00)

2017年11月8日水曜日

未成年者への性的暴力で イスラム学者ラマダンはオックスフォード大学を辞任

(パリ=飛田正夫)タリック・ラマダンというと現代のイスラム学者・神学者としてフランスの論壇では特に有名だ。スイスとフランスの未成年女性複数から暴行など性的暴行が訴えられていたが、6日にラマダンは辞任を決めて、今日7日に英国オックスフォード大学の彼の講座から姿を消すことになった。スイスの4人の元女子学生は先生であったラマダンがジュネーブで哲学などを教えていた1984年から2004年の時代の生徒で、調査ではその内の3人が性交渉を精神的に強いられたと自供している。当時2人は18歳で、1人は15歳だった。別の当時14歳だった女性は性的接触があったとしている。しかしラマダンはこれらを拒否してきている。

スペイン政府の暴力に抗議して カタロニア独立賛成反対の舞台はブリュッセルに

(パリ=飛田正夫)7日夕刻の仏国営ラジオ・フランス・アンフォによると7日プジャダモンカタルーニャ大統領がもっか政治亡命の身となっているベルギーのブリュッセルに200人ほどのカタルーニュの市長が集会した。欧州審議会前ではカタルーニャ政府を支持してスペイン政府や警察、裁判所が不当な暴力でカタロニア地方の独立派を阻止し弾圧していることを特に抗議した。10月1日に行われたカタルーニュの独立国民投票ではスペイン警察が投票所を襲って投票紙を持ち去ったり、投票所を封鎖する暴力があった。17時からのブリュッセル美術学校の講堂では、カタロニア政府に対してスペイン政府の開始した様々な司法的政治弾圧に関して話しあわれた。7日には同様にカタロニアの独立に反対するカタロニアの企業家など独立反対抗議を、ブリュッセルに集会したカタルーニュの市長たちの反対側に陣取って行っているとフランスのラジオは伝え、数は30人ぐらいでスペインの旗をふっていたと報道している。カタルーニャ独立問題が欧州共同体(EU)の中心ブリュッセルに移っている。(日本時間‎07/‎11/‎2017 02:53)(仏時間 07/‎11/‎2017 18:53)

2017年11月7日火曜日

ベルギー裁判所 スペインの指名手配を振り切って カタルーニュのプジャダモンを自由釈放

(パリ=飛田正夫)カルル・プジャダモン問題をスペイン政府による人権無視の指名手配がヨーロッパ中に3日に発令されたが、しかしベルギー裁判所は6日、この非民主主義的なスペインの処置を盲目的に受け入れるのではなく、人権思想の観点からこれを振り切って、プジャダモンらに限定的ながらも自由を与えた。その亡命者を受け入れる歴史的な寛容と人権の伝統をベルギーは守った。プジャダモンカタラン大統領とその閣僚5人は11月5日朝にスペイン政府によって公共財汚職、政府の命令不服従、国家反逆罪などの罪で解任されたが、既にマドリッド政府の弾圧を逃れてマルセイユ経由でブリュッセルに亡命していた。しかしスペイン政府はプジャダモンの閣僚ら7人を裁判も行われない前からマドリッドの監獄に繋いでいて、これは民主主義とは程遠いものだとプジャダモンは訴えている。ベルギー裁判所はプジャダモンらに国外逃亡禁止を命令。従ってスペインへの送検は保護されることになった。また住所を確定して警察と裁判所の招集に応じることを条件に自由・釈放したとベルギーの検事は説明している。11月17日14時にベルギー裁判所がこの問題で開廷される予定だ。(日本時間07/‎11/‎2017;15:58 ‎)(仏時間 07/‎11/‎2017;07:58)

2017年11月3日金曜日

メラの協力者に20年と14年の禁固判決 隠される仏のテロ予防の手落ち

(パリ=飛田正夫)2012年3月に市民や軍人ら7人を連続殺害したモハメッド・メラ事件に協力したとして起訴されていたアブデルカデール・メラとフェッタ・マルキの二人にそれぞれ20年と14年の裁判所の判決が昨日11月2日にでた。この一連の事件でフランス中がテレビ報道に釘付けになって、イスラム国家テロリスト組織(IS)への批判と共にイスラムへの人種的憎悪が呼び喚起され恐怖と残忍性の中でナショナリズの右傾化が急速に進行していた。このメラ青年は18歳の時に1年8ヶ月を刑務所で暮らした再犯者であり、2010年にはアフガニスタンのカンダーラを訪問していて、2011年にはパキスタンに渡ってアルカイダと接触した。この事実を仏秘密情報局(DCR)は知っていた。そのために米国はメラ青年の渡米を禁止していたが、フランス政府はこれを知っていたにもかかわらず、サルコジの仏政府はこのメラを監視することをしなかった。危険な野獣が原野に野放しにされていたのである。